FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本の紹介
高学年向け~5年生6年生に♪
長編
生活童話
あらすじは・・・
小学5年生の周一は、なかよしの友だちふたりと水の中の生きものをつかまえにいって、とんでもないものをみつけました。それはツチノコという、幻のヘビです。
そのことで小さな町はおおさわぎになり、周一たちも思わぬ目にあいます。

感想文のヒント!
ツチノコのさわぎとは別に、周一にはなやみがあります。新しいお父さんとうまくいかないことや、子どもあつかいされることへのいらだちです。

小学5年生くらいになると、そういう風にイライラすることがあると思います。
この本を読んで、自分もこういうことにイライラする、こんなことがイヤだ、だから主人公の気持ちがよくわかる、という書き方をするとまとめやすいと思います。

そのとき、次の一文を書き写すとうまくまとまると思います。

”とても、簡単なことだった。思ったことをそのまま、言葉にすればよかったんだ。”

主人公がラスト近くで、お母さんに対する不満をぶつけた場面ででてきます。

きみたちも不満とかイライラとかたくさんあるでしょう。
それをうまく言えないと思っていないかな。
あまりムズカシク考えないで、思っていることをそのまま言えばいい、ということに気づいた、というのが大きなポイントです。


クリックするとアマゾンで本を買えます!


スポンサーサイト
カテゴリー一覧
 ※読書感想文を応援します!
 ※読書・書籍・本・古本
 ※音楽を聴こう!
 ※会社員の話
 ※マナー・生活
 ※買い物日記
 ※ひとりごと
 ※未分類
新着エントリー
 ・09-13  ※先生、しゅくだいわすれました(山本悦子)
 ・08-24  ※おかわりへの道(山本悦子)
 ・08-20  ※きいろいばけつ(もりやまみやこ)
 ・08-20  ※強くてゴメンね(令丈ヒロ子)
 ・08-10  ※夜間中学へようこそ(山本悦子)

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://onara931.blog80.fc2.com/tb.php/268-9b8af6db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。