FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
読んでいるうちに胸が苦しくなるようなルポタージュ作品です。
電気工事の仕事をしていた筆者がアスベストを吸い健康を害した経緯や、当時の現場の状況、国の対応、
アスベストに冒された身体で国の責任を問う裁判を戦う人などを丁寧に取材しています。

とりわけアスベスト除去作業に立ち会う場面は、読んでいても緊迫感で息が詰まりそうです。
アスベストを通さない不織布の防護服に濾過装置付きマスク、目を守るゴーグルなどで全身をすっぽり覆い包んだ上にズボンの裾をテープで留めるという
重装備で吹き付けたアスベストを除去する重労働の描写は圧巻です。
こうした装備で思い起こされるのが、東京電力福島第一原子力発電所の事故現場です。放射性物質から身を守るための装備とよく似ています。

当初、その危険性が隠蔽されていたという点もよく似ています。

この国はいつまで同じ事を繰り返すのでしょうか?





スポンサーサイト
カテゴリー一覧
 ※読書感想文を応援します!
 ※読書・書籍・本・古本
 ※音楽を聴こう!
 ※会社員の話
 ※マナー・生活
 ※買い物日記
 ※ひとりごと
 ※未分類
新着エントリー
 ・09-13  ※先生、しゅくだいわすれました(山本悦子)
 ・08-24  ※おかわりへの道(山本悦子)
 ・08-20  ※きいろいばけつ(もりやまみやこ)
 ・08-20  ※強くてゴメンね(令丈ヒロ子)
 ・08-10  ※夜間中学へようこそ(山本悦子)

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://onara931.blog80.fc2.com/tb.php/265-55ac1156
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。