FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
海外の日本人には、日本にいる日本人よりも日本がよーく見えていることが実感できるエッセイ集です。

外国人が日本の社会や日本人を見ると、驚いたり不思議だったりすることが多々あるはず。
同じ日本人でも、西と東でカルチャーギャップ(納豆を食べるとか食べないとか、すき焼きよりもジンギスカンの方が好きだとか)があるくらいですから、外国人が感じる違いの大きさはいかばかりでしょう。

そういうことが面白いのか、昔から外国人が書いた日本人あるいは日本社会論みたいな本は人気があります。
例え、日本人はこういうところがダメなのだ、と言われても、日本人はあまり腹を立てたりはしません。
むしろそれを面白がったりする。

さて日本人と外国人の中間にいる人の視点というものが、また面白いものです。
「中間にいる」人とは、日本人だけど海外での暮らしが長い人、のこと。

日本人でありながら、海外の習慣や考え方に慣れ親しんでいるため、日本人の考え方や行動原理に違和感をいだく。
一方で、やはり日本人なので違和感の後で納得してみたりする。

そういう自分の中で起きたカルチャーギャップを自分なりに消化した上で、カルチャーギャップに気づかなかった読者に示して面白がらせてくれるのは、海外在住歴が長い日本人ならではの視点です。

もっとも海外で長く暮らせば誰でも面白い本が書けるというワケではありません。
冷静に観察する力やユーモアのある語り口も必要です。

望遠ニッポン見聞録の著者、ヤマザキマリは風呂場限定のタイムスリップ漫画「テルマエロマエ」の作者。
若いころはイタリアで暮らし、結婚後もポルトガルや米国など海外暮らしが長い。
しかも漫画家ということで観察眼とユーモアのセンスは本職のものです。

特に昨年(2011年)の震災直後に日本からイタリアに戻った作者を乗せたタクシーの運転手さんのエピソードは涙腺を刺激します。

「日本人は素晴らしい。でも、辛いときは泣いたり怒ったりしていいんだよ」
まるでイタリア映画のワンシーンのようなセリフですね。



スポンサーサイト
カテゴリー一覧
 ※読書感想文を応援します!
 ※読書・書籍・本・古本
 ※音楽を聴こう!
 ※会社員の話
 ※マナー・生活
 ※買い物日記
 ※ひとりごと
 ※未分類
新着エントリー
 ・10-28  ※ななとさきちゃん ふたりはペア (山本悦子)
 ・09-13  ※先生、しゅくだいわすれました(山本悦子)
 ・08-24  ※おかわりへの道(山本悦子)
 ・08-20  ※きいろいばけつ(もりやまみやこ)
 ・08-20  ※強くてゴメンね(令丈ヒロ子)

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://onara931.blog80.fc2.com/tb.php/253-9cc686a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。