FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本の紹介
高学年中学生向け~6年生中学生に♪
長編
生活童話+ファンタジー

あらすじは・・・
耳の不自由な小学6年生の少女、里見の物語。母と姉の会話が聞こえず、おいてけぼりをくったようにさびしくなることがあります。それだけでなく、音楽発表会の練習や中学進学の悩みも抱えていました。
里見が安らげるの本の世界です。古い外国文学のある図書館は、里見にとってかけがえのない場所になりました。そこで「死の谷の王女」というファンタジー小説を見つけ、病で死にかけている母親を救うために、「死の谷」に行く主人公の少女と自分を重ね合わせていくようになります。そしてある日、車いすに乗ったおばあさんが、里見に「死の谷の王女」を読んでくれるようにたのみました。


感想文のヒント!
本の中でもう一冊の本「死の谷の王女」が展開していく構成は、スティーブン・キングの「ミザリー」を思い出させます。
まあ、それは余談ですが。

物語を読むときに、主人公と自分とを重ね合わせて読むのはいいことです。感情移入ができて、本の世界を楽しめます。
楽しむだけではなく、主人公の体験を追体験、今時の言葉で言えば「バーチャルに」体験することで、自分の考えや世界を拡げることだってできるのです。
里見は物語のバーチャル体験だけで、自分の問題を解決できたわけではありません。ですが、その体験がとても大きな力になったことは間違いありません。
本を通じて、車いすのおばあさんと知り合ったり、恐いと思っていた大人ともよく知り合えたのですから。

物語を通じて、里見がどう変わっていったかをよく読み取ってください。
その変化のきっかけは何だったのかを見つけましょう。

作者が聾学校の先生であることから、耳の不自由なハンディキャップに負けない子どもを描いています。
が考えてみれば、健常者であっても何らかのハンディキャップはもっているわけです。
小さなことでもかまわないのですが、自分が自分の限界を乗り越えた体験を思い出して、そのきっかけがなんだったかを書くと、この本の世界の奥行きと相まって、読み手に訴える作文になると思います。


クリックするとアマゾンで本を買えます!




←人気blogランキング投票にクリックをお願いします!



クチコミblogランキング TREview


スポンサーサイト
カテゴリー一覧
 ※読書感想文を応援します!
 ※読書・書籍・本・古本
 ※音楽を聴こう!
 ※会社員の話
 ※マナー・生活
 ※買い物日記
 ※ひとりごと
 ※未分類
新着エントリー
 ・10-28  ※ななとさきちゃん ふたりはペア (山本悦子)
 ・09-13  ※先生、しゅくだいわすれました(山本悦子)
 ・08-24  ※おかわりへの道(山本悦子)
 ・08-20  ※きいろいばけつ(もりやまみやこ)
 ・08-20  ※強くてゴメンね(令丈ヒロ子)

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://onara931.blog80.fc2.com/tb.php/215-7bbaac9a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。