FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
♪中学生高校生にはぜひ聴いて欲しいですね♪

28年ぶりにアルバムをリリースしたイーグルス。
「ホテル・カリフォルニア」があまりにも有名だが、他にも多くのヒット曲を持つ、まさにアメリカン・ロックの雄。世界が認めた本物の音楽を一度は聴いて欲しい。

イーグルスに限らず、アメリカの音楽は全世界的にヒットする力を持っている。
アメリカ以外でも世界的ヒット曲はあるが、数の上でも、また世界のアーティストに与える影響力でも、アメリカの音楽は抜きんでている。
その理由はアメリカが他民族国家であること、それによってもたらされる多様性にある。

作家の司馬遼太郎氏は「アメリカ素描」の中で、「濾過装置」と表現している。多様な民族によって構成される社会はそれ自身が文化の濾過装置として作用する。
その濾過装置を通り抜けた文化は世界規模で多種多様な民族の文化に受け入れられるということだ。

クリックするとアマゾンで本を買えます!


つまりアメリカは世界各国の民族が集まってできている社会だ。
そこで合格点をもらった文化は、世界各国で受け入れられるかどうか、という試験での合格点をもらったのと同じなのだ。

いわばアメリカという国は、その中にグローバリズムを持っている。
イーグルスはそのグローバリズムで合格点をもらった音楽の作り手のひとつであり、代表でもある。

もちろん音楽の価値は、多様性に耐えることばかりではない。独自でごく限られた範囲でしか聞かれない音楽がダメだ、ということではない。

そうではあっても、イーグルスのような世界的な音楽を聴くことは必要だと思う。
世界が認めた本物を聴くことは、特に若い人たちにとって、非常に大切なことだ。

ちょっと前までは、ある程度の年齢-中学生から高校生くらい-になると洋楽と称して外国の、主としてアメリカの音楽を好むようになるという傾向があったものだ。
それがここ最近、厳密に調べたわけではないが、1990年代くらいからその傾向が弱まってきたように思う。
日本のアーティストたちがJ-POPという呼び方をされるようになったころからだろうか。

若い世代が洋楽に流れることが少なくなったように感じる。
日本人アーティストの実力がついて来たということもあるだろう。
先に述べたような「グローバリズムが認めた音楽」だけに価値を見いだすようなスタイルが時代遅れになってしまったのかもしれない。

そもそも「洋楽を聴く」ことには、「アイドル歌謡曲は卒業しましたので本物の音楽を聴いてます」、というひとつの見栄の側面もあった。
J-POPが「本物の音楽」としての実力をもったなら、見栄で洋楽を聴く必要はないのだろう。

それでもやっぱり、「世界が認める本物」には聴く価値が充分にある。

なぜなら、それによって世界の価値観を知り、世界の水準あるいは世界に通じる本物のもつ大きさや強さ知ることができるからだ。

クリックするとアマゾンでCDを買えます!


←人気blogランキング投票にクリックをお願いします!



クチコミblogランキング TREview

スポンサーサイト
カテゴリー一覧
 ※読書感想文を応援します!
 ※読書・書籍・本・古本
 ※音楽を聴こう!
 ※会社員の話
 ※マナー・生活
 ※買い物日記
 ※ひとりごと
 ※未分類
新着エントリー
 ・10-28  ※ななとさきちゃん ふたりはペア (山本悦子)
 ・09-13  ※先生、しゅくだいわすれました(山本悦子)
 ・08-24  ※おかわりへの道(山本悦子)
 ・08-20  ※きいろいばけつ(もりやまみやこ)
 ・08-20  ※強くてゴメンね(令丈ヒロ子)

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://onara931.blog80.fc2.com/tb.php/199-a3d59fb8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。