FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本の紹介
中・高学年向け~4年生5年生6年生に♪
ファンタジー童話
長編~長いお話

あらすじは・・・
小さくて「できそこない」と言われた子ブタは殺されそうなところを、ファーンという女の子に助けられてウィルバーという名前をもらった。

農場にあずけられたウィルバーだが、いずれは殺されて食肉にされる運命。
ウィルバーを助けてくれたのは、ブタ小屋に住んでいたクモのシャーロットだった。
シャーロットのつくるクモの巣は、ウィルバーの上に奇跡を起こす。

作者の自然観察眼は確かなようで、シャーロットが虫をとらえて食べたり巣を作ったりする場面は、お話というよりも科学レポートのようだ。
ただあまりにリアルなのでクモが嫌いな人にはだめかも知れない。

映画化されたときも、シャーロットが大写しになって、クモ嫌いな人は映画館からにげだしたとのウワサもちらほら。


感想文のヒント!
リアルな設定は命のはかなさをうったえる。シャーロットは秋にたまごを産んだあとで死んでしまう。悲しみにくれるウィルバーをよろこばせたのは、春になって生まれたシャーロットの子どもたちだった。

命の大切さ、生きたいという強い気持ち、そして限りある命。それらがからみあって物語を進めて行く。

また登場人物が多いので、ひとりひとり(一匹一匹)の性格や役どころをよく読みとって見よう。最初と最後でずいぶんと感じのかわる人物(動物)もいるはず。
心は時にうつりかわるものです。

たとえば、最初にウィルバーを助けたファーンは、ブタ小屋に入り浸りだった。それくらいウィルバーが好きだった。
なのに肝心のウィルバーの晴れ舞台である品評会のころには、男の子と観覧車だかメリーゴーラウンドだかジェットコースターに乗ることばっかり考えている。
ファーンのウィルバーに対する役目は終わった、ということかな?



クリックするとアマゾンで本を買えます!



←人気blogランキング投票にクリックをお願いします!



クチコミblogランキング TREview

スポンサーサイト
カテゴリー一覧
 ※読書感想文を応援します!
 ※読書・書籍・本・古本
 ※音楽を聴こう!
 ※会社員の話
 ※マナー・生活
 ※買い物日記
 ※ひとりごと
 ※未分類
新着エントリー
 ・09-13  ※先生、しゅくだいわすれました(山本悦子)
 ・08-24  ※おかわりへの道(山本悦子)
 ・08-20  ※きいろいばけつ(もりやまみやこ)
 ・08-20  ※強くてゴメンね(令丈ヒロ子)
 ・08-10  ※夜間中学へようこそ(山本悦子)

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://onara931.blog80.fc2.com/tb.php/194-07118204
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。