FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本の紹介
高学年向け~5年生6年生に♪中学生にもおすすめ!
長編
生活童話


あらすじは・・・
小林菜々、5年3組の転校生。聞こえないくらいの小さな声で自己紹介をすると、足元に目線を落としてしまうような、おとなしい女の子みたいだ。クラスの評判も悪くない。
でも、それは本当の菜々じゃない。ねこをかぶった菜々だった。

菜々は、転校前のクラスで元気いっぱいの女の子だった。だけど、得をするのはおとなしい女の子で、自分みたいな子は損をする。
なんだかあほらしくなった時、父さんの仕事の都合で転校することになった。菜々は、今までの自分とは正反対の女の子になりきることで、うまくやってやろうと考えた。

だけど、自分らしさを殺して演じる「女の子」なのに、なんだか変。まわりに合わせるのに苦労するばかりで、自分にとってのいいことなんてちっともない。


感想文のヒント!
水鳥のまねをしておぼれたカラスのお話をきいたことがないかな?

自分以外のだれかのまねをしても、結局はうまくいかないよ、という寓話だ。

菜々も、自分じゃない女の子の真似をしたけど、結局はもとにもどってしまう。
自然に自分らしくしているのが一番いいということになりました。

菜々のことを好きな男子も、しわだらけのブラウスにぼさぼさ頭の菜々にむかって
「菜々ちゃんだったら、それだけでいいんだ」と言ってくれたじゃないか。
まあ恋は盲目、あばたもえくぼ、という言葉もあるけどね。

だれだって、無理して自分じゃないだれかのまねをすることもある。
仕事上での役目をはたすために、その役割を演じることがあるからだ。
でも、ねこをかぶって自分と違うだれかになる、というのとはちょっと違う。
そういう違いについて考えてみるヒントにもなる本、かもしれない。


クリックするとアマゾンで本を買えます!



←人気blogランキング投票にクリックをお願いします!


2007年10月09日現在71位です!
応援お願いします!


スポンサーサイト
カテゴリー一覧
 ※読書感想文を応援します!
 ※読書・書籍・本・古本
 ※音楽を聴こう!
 ※会社員の話
 ※マナー・生活
 ※買い物日記
 ※ひとりごと
 ※未分類
新着エントリー
 ・10-28  ※ななとさきちゃん ふたりはペア (山本悦子)
 ・09-13  ※先生、しゅくだいわすれました(山本悦子)
 ・08-24  ※おかわりへの道(山本悦子)
 ・08-20  ※きいろいばけつ(もりやまみやこ)
 ・08-20  ※強くてゴメンね(令丈ヒロ子)

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://onara931.blog80.fc2.com/tb.php/181-0f6552e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。