FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前にも書いたけど、家というのは一生ものの買い物だ。
「気が向いたら買い替えるけど?」というような富豪は豆腐の角に頭ぶつけて楽になっちまえ!

箱は一生モノでも、中の人間は変化する。まあ箱が古くなったり傷んだりもあるけど、それ以上に住んでいる人間の方が変わる。最初に大きく変わるのは子供。
うちの子も、小学校5年生になるときに、子供部屋を与えました。
新築当時から子供部屋にする予定でいた部屋だけど、実際に子供が使うとなると、どうも不便な感じが強い。

特に、それほど収納容量があるワケでもない押入がやたらと空間を取っていた。
押入なんてものは、奥のものや下になったものが取り出しにくく、いわゆる「死んだスペース」が生まれやすい。そこで押入を取り払って部屋を拡げることにした。

と、いうプランはすべて住宅 リフォームを担当してくれた工務店さんのものですけどね。

おかげさまでよい子供部屋ができました。そこで一所懸命に勉強を・・・してないんだな。どういうワケだか知らないけど、勉強するときは必ず居間にノートやら問題集やらを持ち込んで来る。子供部屋=勉強部屋ではないのか。うーむ。

まあそのうちに自分の部屋にいる時間の方が長くなるんだろうから、今は居間で楽しくやってちょうだい。

居間を子供に占領された親どもは、せめて勉強の邪魔をしないようにキッチン リフォームをして、カフェ風のダイニングにしようかなんて考えているが、先立つものが・・・。


ちなみに、リフォームをしてくれた工務店さんは、北海道地区から探せます♪





スポンサーサイト
カテゴリー一覧
 ※読書感想文を応援します!
 ※読書・書籍・本・古本
 ※音楽を聴こう!
 ※会社員の話
 ※マナー・生活
 ※買い物日記
 ※ひとりごと
 ※未分類
新着エントリー
 ・10-28  ※ななとさきちゃん ふたりはペア (山本悦子)
 ・09-13  ※先生、しゅくだいわすれました(山本悦子)
 ・08-24  ※おかわりへの道(山本悦子)
 ・08-20  ※きいろいばけつ(もりやまみやこ)
 ・08-20  ※強くてゴメンね(令丈ヒロ子)

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://onara931.blog80.fc2.com/tb.php/170-72872bdb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
子供部屋子ども部屋(こどもべや)とは、住宅、マンションいずれにせよ、ひとつの家族が住居として生活している家の中でもっぱら子どもの専用として使われている部屋。子どもの学習机、衣装ダンス、おもちゃ箱に本棚、あるいは二段式ベッドなどがある。子どもの遊びと生活の
2007/09/30(日) 15:58:16 | 子供の遊び・文学いろいろ
子供部屋子供部屋(こどもべや)とは、住宅、マンションいずれにせよ、ひとつの家族が住居として生活している家屋|家の中でもっぱら子供の専用として使われている部屋のことである。子供の遊びと生活の場所。歴史19世紀のヨーロッパの市民社会の中で、中流階層以上の家庭で
2007/10/08(月) 18:28:46 | 子供の遊び・文学いろいろ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。