FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本の紹介
中学年高学年~3年生4年生5年生6年生に♪
短編集~表題作(おかあさんの木)の他に7つのお話
戦争童話

あらすじは・・・
太平洋戦争中、7人の息子をもつお母さんがいました。お母さんは息子が兵隊にとられるごとに家のうらに桐の木をうえました。
戦地に行った息子だと思って大事に世話をしてあげたのです。
ある日、一番上の息子、一郎が戦死したとの知らせが届きます。戦争中は、子どもが戦地で死ぬと「お国のために役立てた」とおおよろこびをしたのです。
でも、お母さんの本当の心は、かなしみでいっぱいでした。
そして二郎のこと、三郎のことを心配するお母さんのところに、次々とかなしい知らせがとどきます。


感想文のヒント!
戦争のときは、なぜ子どもが戦死して、親がよろこばなくてはいけなかったのか?
親は本当はどう思っていたのか?
なぜ、そんな世の中になってしまった、と作者は書いているだろうか?



クリックするとアマゾンで本を買えます!



←人気blogランキング投票にクリックをお願いします!







スポンサーサイト
カテゴリー一覧
 ※読書感想文を応援します!
 ※読書・書籍・本・古本
 ※音楽を聴こう!
 ※会社員の話
 ※マナー・生活
 ※買い物日記
 ※ひとりごと
 ※未分類
新着エントリー
 ・09-13  ※先生、しゅくだいわすれました(山本悦子)
 ・08-24  ※おかわりへの道(山本悦子)
 ・08-20  ※きいろいばけつ(もりやまみやこ)
 ・08-20  ※強くてゴメンね(令丈ヒロ子)
 ・08-10  ※夜間中学へようこそ(山本悦子)

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://onara931.blog80.fc2.com/tb.php/151-9a0747a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。